実写版「バービー」、主役抜擢で賛否のアン・ハサウェイに思わぬ助けが・・・


実写版映画『Barbie』(原題)のヒロイン候補からスケジュールの関係で降りたエイミー・シュマーの代わりに、アン・ハサウェイの名前が挙がった。この配役がSNSで賛否両論となったが、アン・ハサウェイに意外な人物から助けが入った。これを受けて、ヒロイン候補から降りたエイミー・シュマーが、ハサウェイを支持するコメントをインスタグラムに投稿したのだ。


シュマーは、ハサウェイが同役に出演交渉中という報道に対して、インスタグラムで以下のようにハサウェイにエールを送っている。

Hathaway smathaway jkjk she's perfect!! Can't wait to see it!

@amyschumerがシェアした投稿 -

「ハサウェイ・"シュマ"サウェイ。いや、冗談、彼女は完璧! 見るのが待ちきれない」


ハサウェイのファンは、このニュースにシュマーと同じく興奮した様子だ。

「アン・ハサウェイがバービーを演じるかも! これがまさに求めていたことだ!」

「アン・ハサウェイが『Barbie』でエイミー・シュマーの代わりに。これはいい選択」


しかし、前述の通り、全ての人が同じ反応を示したわけではない。ハサウェイはこの役にふさわしくないと譲らない人も多かった。

「ひどいニュースがある。アン・ハサウェイがバービー役を演じるということを残念ながらお伝えするわ」

「アン・ハサウェイ、頼むから実写版バービーの役を引き受けないでくれ」

「バービー・・・人形役? アン・ハサウェイがいいの? 理解し難いキャスティングね」

「『Barbie』の映画で、アン・ハサウェイがエイミー・シュマーの代わりになるかもしれない。
この映画を嫌いにさせようとするのがスタジオの計画だろう」

「アン・ハサウェイがバービー? うわ・・・」

ハサウェイは、嫌みを言う人々に負けずに、きっと2018年に劇場で我々の前に姿を現してくれるだろう。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー