『ウォーキング・デッド』シーズン8初回の冒頭を製作総指揮が明かす※ネタバレ注意


昨年は、リック・グライムズがメインキャラクターの座をニーガンと分け合うことになったが、それももう終わりだ。『ウォーキング・デッド』シーズン8では再び、絶対的リーダー"リクテーター"にスポットライトが当たることが分かったのだ。


『ウォーキング・デッド』のプレミアは製作総指揮のグレッグ・ニコテロが指揮する傾向にあり、第100回目のエピソードに当たるシーズン8のエピソード1も彼が手掛けている。『TV Guide』誌が報じたニコテロからのちょっとしたネタバレを以下にご紹介しよう。

「エピソード801はリック・グライムズのクローズアップから始まる。ニーガンじゃなくリックがストーリーを引っ張るんだと実感できるよ」

同じく製作総指揮を務めるロバート・カークマンは、シーズン8プレミアを見れば、コミコン・インターナショナルで公開された予告編の最後に出てくる年老いたリックの映像が何を意味するのかが分かるとエンタメ系情報メディア『Entertainment Weekly』に話しているから、シーズン8はそのクローズアップ場面から始まり詳細があとで明らかになる、という流れが考えられる(コミックファンはすでに、老いたリックについて見当がついているようだが、様子を見てみるとしよう)。

また、ニコテロは『TV Guide』に対して、第100回目のエピソードには長年のファンに感謝を込めてイースターエッグをいくつか忍ばせているとも述べている。

「何度か見てもらえば、我々が埋め込んだいくつかの情報に気づくはずだよ。以前のエピソードを思い起こさせるものだ」

予告編をおさらいして、何かヒントがないか確かめてみよう。

『ウォーキング・デッド』シーズン8の「All Out War(全面戦争)」は、米国ではAMCで10月22日に、日本ではFOXチャンネルで10月23日に放送開始だ。



■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー