AppleとAmazonが『007』配給権の争奪戦に参加!


ジェームズ・ボンドの映画配給権の争奪戦は、AppleとAmazonという新たな競争相手の登場で、激化の一途を辿っている。


『ハリウッド・レポーター』によると、両社は007の配給権の争奪戦に参加。この動きにより、最後の有力な"手つかずのブランド"の1つとしてみられている007の配給権を巡る情勢を劇的に塗り替えた。

メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社とイーオン・プロダクションズ社は、2015年の『007 スペクター』でソニー・ピクチャーズとの契約が終了したため、新たな配給先を模索している。この争奪戦では、ワーナー・ブラザーズがいまだトップを走っており、ソニー・ピクチャーズやユニバーサル、そして20世紀フォックスも獲得に意欲を見せている。だが、AppleやAmazonは巨額の資金を投資する用意があるようだ。

特にAppleは手ごわい競合相手だとみられている。この巨大テクノロジー企業は独自のオリジナルコンテンツに巨額の資金を投入。また、前ソニー・ピクチャーズ テレビジョンの役員2人がAppleに転職し、彼らの関与により、Apple(もしくはAmazon)がジェームズ・ボンドのテレビシリーズを製作し、自身のサイトでストリーミングするのではないかと憶測を呼んでいる。

「ルーカスフィルムやマーベルに比べ、ボンドは開発の遅れをヒシヒシと感じている」とあるソースがハリウッド・レポーターに語っている。ルーカスフィルムもマーベルも、映画とテレビシリーズの両方で配給権を活用している。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー