トム・ハンクス主演映画『マネー・ピット』の舞台となった豪邸のいま


1986年のコメディ映画『マネー・ピット』でトム・ハンクスとシェリー・ロングが悪戦苦闘の末に大改装をしたあの豪邸に住んでみたいと思ったことはおありだろうか? 今ならそれも夢ではない・・・590万ドル(約6.7億円)あれば実現できる。


2014年に売りに出された際の希望価格は1,250万ドル(約14.2億円)だったので、これは超お買い得(!?)価格になっているのだ。

この物件は同作品の中では邸宅の外観撮影に使われたもので、実際には浴室の床が抜けてバスタブが階下に落ちたということも、小型荷物専用昇降機からアライグマが飛び出て来ることも、我々が知る限りは起こっていない。屋内のシーンは、すべてスタジオにセットを組んで撮影されたものだ。



サザビーズの不動産物件リストによると、その名もNorthwayというこの敷地・建物は、ニューヨーク州ロングアイランドにある。1898年に建てられ、部屋数は23、暖炉が8ヶ所、車6台分のガレージに複数のフォーマルガーデン(整形式庭園)が5.5エーカー(約2.2ヘクタール)の敷地に広がっている。

ただ、2002年に購入したカップルによると、映画はまんざらウソではないらしく、2014年、ニューヨーク・タイムズの取材に対し「部屋を移動すると、入った所から崩れていく感じ・・・自分たちで続編を作れたはず」と語っている。

米国不動産データベース、ジロー(Zillow)には2014年当時の同物件のリスティングを閲覧することができるが、そこには「オーナーは1,000万ドル(約11.3億円)近くかけ家の隅々まで改修し、造園だけでも200万ドル(約2.3億円)かかっている」と書かれている。

サザビーズによるこの物件の紹介ビデオで、映画で描かれている惨状とは全くの別世界をじっくりとご覧いただきたい。



■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー