『ジャスティス・リーグ』アクアマン役ジェイソン・モモア、大作で共演した2人の美女との仲睦まじい写真を投稿し話題に


先日『エネミー・オブ・アメリカ』のリサ・ボネとの結婚が報じられた、映画『ジャスティス・リーグ』でアクアマン役を務めるジェイソン・モモア。そんな幸せ真っ只中のモモアだが、彼が親しみを抱いているという、大作で共演した2人の美女との仲睦まじい写真がSNSで話題を呼んでいる。


その1人目は、『ゲーム・オブ・スローンズ』のたった1シーズン(とカメオ出演)の共演だけで最高の親友になったエミリア・クラークだ。エミリアは、同作への愛を添えて、モモアとロンドンで再会し楽しい時間を過ごしている写真を投稿した。

「・・・ジェイソン・モモア、あなたはいつもドラゴンの母の親友よ」

ジェイソン・モモアも、親友であるエミリアとの再会に感動を隠しきれない様子で、以下の写真を投稿した。

「一緒にいると笑いが絶えないし、この"女王"がマジで大好きだ。会いたいけどあまり会うことができなくて残念だ。だけど、会った時は、(『ゲーム・オブ・スローンズ』でモモアが演じた)カールが常に君、エミリア・クラークを愛しているように感じるんだ・・・」

2人目は、映画『ジャスティス・リーグ』のプロモーションで同行していた親友のガル・ガドットだ。モモアは、エミリアとガルと一緒に撮った以下の写真を続けて投稿した。

「そして、この2人の素晴らしい女性、女王、女神である、ガル・ギャドットとエミリア・クラークと知り合えて本当に幸運だ・・・時々僕がオタクになる時でさえ、2人が僕を愛してくれるなんて信じられない」

このような美女に囲まれて、モモアは何て幸運な男なのだろう。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン8の第1話の放送日程はまだ決まっていないが、2018年後半から2019年にかけて放送が開始されると期待したい。一方の映画『ジャスティス・リーグ』は、11月23日に日本公開予定だ。




■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー