演技は簡単なものじゃない!トム・ホランド、撮影中に3度目の鼻骨骨折

AOL News Staff

『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って、撮影中に鼻骨を骨折をしてしまった事をファンに明かした。ホランドが鼻を骨折するのはこれで3度目となる。


最初の骨折は2016年、ニューヨーク映画祭で初公開された映画『ザ・ロスト・シティ・オブ・Z』(原題)の撮影中、そして2度目は今年8月、『カオス・ウォーキング』(原題)(2019年3月1日全米公開予定)撮影中の事だった。今回の骨折は、2019年に公開を予定している『アベンジャーズ4』(仮題)(2019年5月3日全米公開予定)の撮影中に負ったものという憶測があったが、今回も『カオス・ウォーキング』の現場で起きていた事が分かっている。まさに"カオス"な状況の同映画は、ホランドがニック・ジョナスやデイジー・リドリーらと共演するSF作品だ。

以下は、ツイッターに転載されたストーリーの映像だ。顔にひどい傷を負ったホランドは、「演技なんて簡単だと誰が言ったんだ? 鼻の骨折はこれで3度目だ。何てクランクアップの仕方なんだろう」と冗談めかして発言している。


『カオス・ウォーキング』の撮影は終了したので、少なくとも、同じ映画でホランドが再び鼻を折ることはないだろう。



■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー