英エリザベス女王、ロイヤル・スコットランド連隊のポニーとの「因縁」再び


エリザベス女王とシェトランドポニーのクルアチャン4世が、英国王室の夏の休暇先であるスコットランドのバルモラル城で再び顔を合わせ話題を呼んだ。


エリザベス女王とロイヤル・スコットランド連隊のマスコットであるクルアチャン4世にはちょっとした"因縁"がある。2014年には、クルアチャン4世が女王に噛みつこうとする場面があった。さらに昨年には、クルアチャン4世が女王の持っていた花束を食べてしまうというハプニングが発生。女王は「離れなさい!」と叱ったと伝えられている。

今年も例外ではなかったようだ。クルアチャン4世は、バルモラル城に到着したばかりのエリザベス女王の目の前で用を足したのだ。臭いがきつかったのか、女王は思わず鼻を押さえていた。

昨年には、エリザベス女王の孫のヘンリー王子の手に噛みつこうとしたクルアチャン4世。これからも話題を振りまいてくれることだろう。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む