メラニア・トランプ夫人の物議を醸した服装まとめ


ドナルド・トランプ米大統領夫人であるメラニア・トランプ夫人は、そのセレブなファッションから、これまでに散々ネット上でネタにされてきたが、今回はそんな夫人の物議を醸した5つの服装をご紹介しよう。


・物議を醸したプッシーボウ・ブラウスを再び着用 「ファーストレディのメラニア・トランプ夫人がネットいじめ防止サミットで演説」

今年の8月20日(現地時間)、メリーランド州で行われた「Be Best」(最高になろう)と呼ばれる児童福祉キャンペーンの為のイベントでの事。メラニア夫人は、大きなリボンの付いたプッシーボウ・ブラウスを着用した。"プッシー"は女性器の意味もあることから、昨年、プッシーボウ・ブラウスを着た際にも物議を醸していた。

・「I REALLY DON'T CARE, DO U?」(本当にどうでもいい。あなたはどう?)と背中に書かれたジャケットを着用 「ZARA、移住者収容施設へ向かったメラニア・トランプ夫人が"I REALLY DON'T CARE, DO U?"と書かれたジャケットを着用し、急に注目を浴びる」

恐らくこれは、メラニア夫人の中で最も物議を醸した服であろう。夫人は、テキサス州にある、不法移民の子供たちのための施設を訪れた際に、「I REALLY DON'T CARE, DO U?」と書かれたZARAのジャケットを羽織っていた。

・被災地にハイヒールで向かう 「ハリケーン・バービーの被災者支援に向かう大統領と夫人」

ハリケーン・ハービーの被災者支援のため、大統領専用機エアフォース・ワンに乗り込む際も、メラニア夫人はハイヒールを履いていた。

・高級ファッションでガーデニングに挑戦 「写真家:はい、ポーズ。 メラニア:どうやって? 写真家:ガーデニングについて何も知らないような感じで。 メラニア:分かったわ(笑)」

ツイッターで大きくネタにされたこのファッションは外せないだろう。メラニア夫人はこの日、バラク・オバマ前大統領のミシェル夫人が作ったホワイトハウスの庭園「ホワイトハウス・キッチンガーデン」で招待した子供たちと共に庭いじりをしていたが、いつものようにサングラスをして、高級なバルマン製のタータンチェックのシャツを着用し、真っ白なスニーカーを履いていた。

・植樹イベントに高級スカートにハイヒール姿で参加 「(メラニア夫人のツイート)本日は、アイゼンハワーオークの苗木を植え、美しく歴史あるホワイトハウスの庭園に貢献するという栄誉を得ました。大統領の土地を整備するホワイトハウス・ヒストリカル協会や、今回参加して下さった歴代大統領の子孫に感謝致します」
「いいね。泥の中でヒール。メラニア、君は最高だ」

メラニア夫人は、歴代大統領の子孫と共にホワイトハウスの庭でアイゼンハワーオークの苗木を植える植樹イベントに参加。ハイヒールで土の上を歩き、大きなシャベルを持つ姿はもはや流石としか言いようがない。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む