減量で激変した米国のセレブたち【映像】

other
ハリウッドの監督からリアリティ番組の有名人まで、体重維持に気を付ける米国のセレブたち。今回は、減量で激変し話題を呼んだセレブをご紹介しよう。ぜひ、以下の映像と併せてご覧頂きたい。

https://news.aol.jp/2018/11/25/insane-celebrity-weight-loss-transformations-mama-june-jennifer-hudson-and-more/


ケヴィン・スミス
今年、約23kg減量しニュースとなった、俳優兼監督のケヴィン・スミス。心臓発作に見舞われた事を受けて、医師の指導のもと半年間ダイエットを行い、約116kgから約93kgまで体重を落とす事に成功した。

ジューン・シャノン
人気リアリティ番組『Here Comes Honey Boo Boo』に登場していた"ママ・ジューン"ことジューン・シャノンは、スリーブ状胃切除術を行い、約136kgもの減量をしてファンに衝撃を与えた。食事量制限を行い体重を維持しているとの事だ。

ジョーダン・スパークス
米オーディション番組『アメリカン・アイドル』の優勝者であるジョーダン・スパークスは、以前、約23kgの減量に成功した事を打ち明けている。適度に食事量を減らし、生活に運動を取り入れたといい、2012年の『Redbook』誌のインタビューで「楽しめるエクササイズを見つける事がカギになった」と明かした。

ランディ・ジャクソン
『アメリカン・アイドル』の審査員として知られる、ランディ・ジャクソン。2003年にスリーブ状胃切除術を行い、45kg減量した。彼が体重を維持する秘訣は、体の声に従った食事を心がける事のようだ。『WebMD』のインタビューでこう語っている。「食べるのを止めようという信号は、体が教えてくれる。空になったお皿ではない」

ケリー・オズボーン
2009年にダイエットを開始したケリー・オズボーン。同年に『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』に出演した際、約9kgの減量を行い、健康的な食生活について学んだと『Shape Magazine』に対し語っている。番組終了後、パーソナル・トレーナーを雇いダイエットを続け、2013年には、ダイエット開始から約32kg減量した事を明かし、同誌の表紙でその姿を披露した。

ジェニファー・ハドソン
人気オーディション番組『The Voice』の審査員としても知られる歌手のジェニファー・ハドソンは、過去に約36kgの減量を行いスタイルを維持し続けている。昨年、英番組『Lorraine』において、その秘訣は自分が何を食べているかをチェックする事にあると明かしている。

■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む