スティーヴ・カレルが車にはねられた際に起きた面白エピソードを告白


俳優スティーヴ・カレルは先日、米国のトーク番組『エレンの部屋』に登場し、自身が主演する新作映画『Welcome to Marwen(原題)』や『ビューティフル・ボーイ』について語った他、最近車にはねられた際に起こった面白(!?)エピソードを告白した。

other
カレルが、同番組のカリフォルニアのスタジオ近くをバイクで走っていたある時のこと。道を曲がろうとした所、後ろから来たクルマに突然はねられ、その勢いでバイクのハンドルの上を飛び越えたという。

「変な体験だった。全てがスローモーションになったからね」と語るカレル。

「幸運にも、どこも問題はなかった」

しかし、事態は思わぬ方向に発展する。カレルをはねた車のドライバーの女性は、パニック状態で車から飛び出し、何と目の前で「『オーマイガー! オーマイガー! オーマイガー! スティーヴ・カレルだ!』と叫んだ」という。

カレルは笑いながら、「女性は僕をはねた事に興奮していたんだ。一種の楽しい体験だったね」と振り返った。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む