保護された子牛が、種の垣根を越えて犬と大の仲良しに


今回は、種の垣根を越えて仲良くなった子牛と犬をご紹介しよう。

other
子牛のカルビンとオーストラリアン・シェパードのリンカーンは、カナダ・オンタリオ州にある畜産動物のための保護施設「Black Goat Farm and Sanctuary」で出会ったその瞬間から仲良しだ。

元々、雄のカルビンは同保護施設の近場の酪農場で産まれ、肉牛として出荷される予定だった。牛乳を生産し続けるため乳用牛に子牛を産ませるのだが、雄として産まれた場合、飼育されたのち出荷されてしまう運命が待っていることが多いのだ。

同保護施設の共同創立者、メーガン・モスタッチさんは、「カルビンは産まれてから2日で母牛から離され、小さなコンクリートの牛舎に入れられました」と、動物好きのためのメディアサイト『The Dodo』のインタビューで語っている。同施設のスタッフたちは、殺されてしまうはずだったカルビンを保護するよう決意。酪農家に相談した所、カルビンを譲ってくれたという。

こうして幸運にも命を救われたカルビンは、同保護施設での新しい生活をスタートする事となったのだが、その生活を満喫しているようだ。メーガンさんはこのように語る。「カルビンは外に出たり、脚を伸ばしたり、走る事すら出来ませんでした。カルビンがどれだけ走るのが好きか理解できるでしょう」

『The Dodo』によると、同保護施設は保護した動物たちの飼育のサポート役として2匹の犬を飼っており、カルビンはその内の1匹、リンカーンと切っても切れない仲になった。彼らは種の違う動物同士でありながら、一緒に走ったり、ジャンプして遊び、体をなめ合ったりもするという。また、リンカーンは、カルビンが寝る際は寄り添ってカルビンを見守るとのことだ。

メーガンさんは、フェイスブックで「私たちは、苦痛やほったらかしに耐える、こうしたかわいそうで無力な動物たちを多く見て、悲しみに打ちひしがれています」とコメントし、このように続けている。「私たちはその一部を救っていますが、それと同時に救う事の出来なかった動物たちも見てきました。時々、勝ち目のない戦いをしているような感じがします」

しかし、メーガンさんによると、カルビンは「走り回り、遊んで、喜びに満ちた人生を送っています」という。「カルビンは幸運な1匹。何故私たちが活動しているのかを、思い起こさせてくれる存在です」

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ
続きを読む