木を切り倒し大量の花粉が舞う動画に、米国の花粉症患者たちが悲鳴【映像】

other
1本の木を切り倒し大量の花粉が舞う映像に、米国の花粉症患者たちから悲鳴の声が上がっている。

https://news.aol.jp/2019/04/11/falling-tree-releases-massive-pollen-bomb-in-astonishing-video/

花粉症に悩む人にとって悪夢のようなこの映像は、テネシー州ヒックスソンで今月4日(現地時間)に撮られたもの。約9メートルの高さに育ったリバーバーチというカバノキ科カバノキ属の落葉高木が地面に倒れると、大量の花粉が飛散し、辺りを包み込んでいるのを確認できる。

同州チャタヌーガにある庭木の伐採業者「Timberline Outdoors」がこの映像をフェイスブックに投稿すると、瞬く間に拡散。花粉症に悩む人々から「映像を見ただけでくしゃみが出た」など多くのコメントが寄せられた。


「アレルギーが自分を死ぬほど苦しめようとしていると考えている方は、間違っていません。これが今朝、ヒックスソンの仕事現場で起きた事です。#花粉爆弾」

今年、米国でひどい花粉に悩まされているのはテネシー州の住民だけではないようで、つい先日、ノースカロライナ州ダーラムの街を撮った、ジェレミー・ギルクライストという写真家によるドローン写真が話題を呼んだ。以下の黄色い花粉に包まれた街の写真は、"花粉"を意味する"pollen"に"世の終末"を意味する"pocalypse"を足した造語、"pollenpocalypse(花粉による世の終末)"という言葉とともに紹介され、注目を集めた。

「くしゃみはしないように。これらは、ノースカロライナ州の"pollenpocalypse"を示した画像です」

■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む