エマ・ワトソン、『ハリポタ』での「動物的な」キスシーンを語る

世界中で大ベストセラーを記録した『ハリー・ポッター』シリーズ。最終章の劇場版『ハリー・ポッターと死の秘宝』(PART1とPART2の二部作)が公開に寄せて、主人公のハリーを演じたダニエル・ラドクリフと、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが撮影の思い出を語った。

ダニエルはこの完結編について、情熱的なラブシーンについて言及。彼は甘~い口づけを期待していたものの、相手となったエマのそれは"獣のようだった"とか。「(キスシーンは)ソフトで、官能的なひとときになると思っていた。だけど結局、ただひたすら激しいものになったってわけさ」としている。

一方のエマも、ダニエルとのキスはヘンな感じだったと告白。「とてもぎこちなかったわ。(ダニエルは)すべてにおいてジェントルマンだった。私たちは2人とも、かなりナーバスになっていたの」と話している。

一方、そんな2人の盟友でロン役のルパート・グリントは、緊張する2人を見てか現場で笑いが止まらず、その場を離れたため実際のキスシーンは見ていないのだとか。

『ハリポタ』シリーズで名声を得たあとも、名門ブラウン大に通うなど(現在は休学中)堅実な道を進んでいるエマ。だが私生活では、投資家やロックバンドのヴォーカルなどとの熱愛が報じられており、意外と肉食系女子のようだ。
続きを読む