エヴァ・ロンゴリア、夫の浮気は想定外だった!?

『デスパレートな妻たち』のエヴァ・ロンゴリアの離婚の理由は、夫でNBA選手のトニー・パーカーの浮気といわれているのだが、彼女の長年の友人はこのニュースに驚きを隠せないという。

(2007年から)3年間の結婚生活ののち、"和解しがたい相違"を理由に2010年11月に離婚を申請したエヴァ(その後2011年1月に離婚が成立)。彼女は、夫のトニーが彼の元チームメイトの妻にあてた何百通もの性的な内容のメールを発見したといわれている。

エヴァの友人タミ・ロマンさんは、「エヴァとは個人的に親しいから、(離婚のニュースには)とても驚いたわ。私の娘は2人と一緒に旅行したこともあるのよ。子供たちは結婚式にも出席したというのに。彼らが運命の相手じゃなかったなんて(信じられない)」とコメントしている。

また、自身もバスケットボール選手の夫と離婚したロマンさんは、スポーツ選手には道を踏み外してしまう"気晴らし"やその機会が多くあることも指摘。「確かにショックだけれど、バスケ選手の生活や彼らが女性と接触する機会の多さを考えたら、それほど驚くようなことではないわ。トニーはお金持ちの若者で、女性(エヴァ)や名声も手にしていた。誤った選択をしてしまうのは容易なことよ」としながらも、「エヴァは本当にトニーを愛していて、ずっと連れ添うんだと思っていた。彼女はこんなことが自分に起こるなんて、想像もしていなかったはずよ」と話している。

離婚の痛手を乗り越えたかのように、現在はペネロペ・クルスの弟エドゥアルドとの交際が報じられているエヴァ。浮気男はさっさと"処分"するのが正解でしょう。
続きを読む