マイリー・サイラス、兄弟姉妹に捧げたタトゥーを入れる

人気シットコム『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』のマイリー・サイラスが、新たなタトゥーを入れたことがわかった。

彼女にとって5つ目となるこのタトゥーは、"4枚の羽根と共に、マイリーのベッドに吊るされているドリームキャッチャー(注)"というデザインで、4枚の 羽根は彼女の兄弟姉妹を表しているという。現在18歳のマイリーには、姉のブランディ(23歳)や兄のトレイス(22歳)、弟のブレイソン(16歳)、そ して妹のノア(11歳)がおり、マイリーいわく「ドリームキャッチャーは彼らを守るためのもの」なのだそう。

マイリーはこのほかにも、胸郭に"Just Breathe"(息をしてみて)というタトゥーがあり、これは嚢胞性線維症(遺伝性疾患の1つ)で亡くなった友人に敬意を示したものだとか。さらに耳の 内側には"LOVE"という文字が、そして指にはハートと小さな十字架が刻まれているという。これについてマイリーの友人の1人は、「彼女のタトゥーは、 家族や親友を象徴しているのよ」と語った。

昨年の合法ハーブ吸引騒動や、映画プロデューサーへのラップ・ダンス疑惑など何かとお騒がせのマイリーだが、意外と(?)家族や友達思いなことが判明。両親の離婚問題もどうやら回避できそうだし、今後はもう少し分別のある行動を...ってムリか。

注: アメリカインディアンに伝わる、クモの巣状の装飾品。悪夢から子供を守ってくれるといわれている。
続きを読む