リンジー・ローハンの弟が短編映画に登場

何かとトラブル続きのリンジー・ローハン。そんな彼女の1歳違いの弟・マイケルが、短編映画『Razors and Balloons』に出演したことがわかった。

マイケル・C・ローハンの名で出演した同作は、約5分間の楽曲にあわせて作られた白黒作品。台詞は一切出てこず、マイケルが部屋の中でただひたすら瓶ビールのキャップを外しては吹き飛ばす様子が映し出されている。そのほかの登場人物は、彼の恋人役の女優エルバ・セット=カマラだけだ。

リンジーは弟の映画出演に大喜びのようで、自身のツィッターに「私の弟・マイク(=マイケル)が新たな短編映画に出ているの!」と投稿し、映像のURLも紹介。一方、2人の母親でリンジーのマネジャーも務めるディナも、「リンジーは、マイケルが素晴らしい俳優になると思っているわ。弟が演技の世界に入るのも心から喜んでいる。私たちは今、彼のための映画を準備しているの。監督は私が務めるのよ」と語り、一家総出でマイケルのキャリアを後押ししているようだ。

飲酒運転やアルコール依存、そして最近ではネックレスの窃盗疑惑と、一連のトラブルで開店休業中の姉に代わり(?)、同じ業界へと進もうとしているマイケル。姉の演技の才能を受け継ぐのは大歓迎だけど、お騒がせぶりだけは真似しないようにね!

続きを読む