ミーガン、ナタリー、ケイト...ビッグ・スターはなぜ脱ぐのか

移り変わりの激しい広告の世界で不動の地位を保つのが、口紅や洋服、車などセクシーとは程遠い製品のPRを目的としたセックスやヌード。中でも最近では、いわゆるビッグ・スターと呼ばれる人たちが、ヌードを披露する傾向が目立っているという。

例を挙げると、ミーガン・フォックスがアルマーニで、ナタリー・ポートマンがディオールで、そしてケイト・ウィンスレットがランコムの広告で脱いでいるのだ。ナタリーとケイトはオスカーにも輝いたベテラン女優だ。

マーケティング会社のCEOマット・ブリットン氏は、「セレブになるための基準が変わりました。(セレブになるため)5年前にはテレビに出る必要があったのが、今では毎日のようにセレブが誕生しています。セレブの基準が低くなったので、これまでのセレブはもう少し目立たないといけないと感じているのです」と、この傾向を分析している。

また、ミーガン・フォックスに限って言うと、彼女がアルマーニで見せたセクシーな広告は男性と女性の両方にアピールしていて、彼女にとっても、またブランドにとっても有益なのだという。「ミーガンのスタイルに憧れない人などいるでしょうか。そしてアルマーニの下着を買うことによって、あたかも同じ状況にいる感覚を得るのです」と、広告会社のクラウディア・カプラン氏は語っている。

いずれにせよ、セレブの美しい姿を見られるのは決して嫌なものじゃないはず。でも、フォトショップの技術が進む今、セレブのヌードを見るたびに「ドコを直したのかな?」と目を凝らす自分がいるのもまた事実だ。
続きを読む