リアーナ、自身のスタイルについて激白

リアーナが、『VOGUE』誌での撮影で見事なスタイルを披露した。ランバンのシルクドレスに、アレキサンダー・ワンのオープントウ・ブーツ姿といういで立ちで、その魅力を惜しげもなく披露している。

SFアクション映画『バトルシップ』(仮題、2012年公開予定)での役作りで、これまでで最高のスタイルになったというリアーナ。彼女はこのため、ジャンクフードやパスタといった"必需品"を絶ったとか。また、自身のトレーナーのアーニー・ヌネス氏が、彼女の手に重りを巻きつけていたため、より効果的なエクササイズができたという。

リアーナは『VOGUE』誌に対し、「ジムに行くのが大嫌いなの。なんだか古臭い方法でしょ。単刀直入で、型にはまりすぎることには我慢ならないの。間違いなく、すぐに飽きちゃうわね」と、本音を語った。現在23歳の彼女にとって、自分のスタイルはやはり気になるようだが、最近では独創的で地に足のついた自身の成長ぶりを気に入っているという。

「私が外で遊ぶようになったのは14歳の時ね。皆とは正反対の方向に行きたかったの。だから、ポロシャツとパンツにスニーカーを履いてクラブに行ってたわ。後ろには帽子を付けてね。ほかの女の子のような格好はしなかった」

初々しいカリビアン・ガールといった初期の面影はすっかり消え、今ではレディー・ガガに負けず劣らずの奇抜な衣装&パワフルな歌声でファンを楽しませてくれるリアーナ。これからは本業だけでなく、ファッション界にも旋風を巻き起こしちゃって!
続きを読む