メアリー=ケイト&アシュレイ・オルセン、ファッション界での活躍を語る

弱冠24歳ながら、すでに3つのファッション・ブランドを立ち上げたメアリー=ケイト&アシュレイ・オルセンが、その成功を語った。

アシュレイによると、ブランドの立ち上げ当初は自分たちのデザインがきちんとしたものだと証明するため、ショールームを借りてバイヤーと話し合いを重ねたという。「皆は私たちに、自分たちが使う生地について熱心に教えてくれた」と、メアリー=ケイトも当時を振り返った。

オルセン姉妹のブランドは現在、THE ROW、Elizabeth and JamesそしてOlsenboyeの3つ。ブランドは業界でも一流のバイヤーたちから絶賛され、彼女たちはファッション界でも指折りの賞"CDFA アワード"の候補にも挙がっているという。

幼いころから芸能界で活躍し、『フルハウス』や出演映画などのマネジメント会社Dualstarを設立した2人。同社は世界中で10億ドルもの売り上げを記録し、成功を収めた。だが、ファッション界に参入した当初の2人には、ファッションの基本知識がほとんどなかったそうで、バイヤーたちは姉妹の製品のプロフェッショナルな仕上がりに驚いたという。姉妹はこれに対し、自分たちがブランドのデザインを手がけ、セレブによるファッション・ブランドの先駆けでもあると強調した

幼いころからビジネス面での成功を収め、裕福な姉妹としても知られるオルセン姉妹。あとは金目当てのヘンな男に引っかからないことを祈るだけです。
続きを読む