キャメロン・ディアス、元カレ・ジャスティンとの共演は「超楽しかった!」

キャメロン・ディアスが、学園コメディ『Bad Teacher』で元恋人のジャスティン・ティンバーレイクと共演した感想を語った。

キャメロンは『ピープル』誌に対し、2人の共演は"重大な事件"などではないとコメント。楽しい時間を一緒に過ごしたと話している。彼女はまた、ジャスティンのコメディへの挑戦は、彼自身の選択だったことも告白。

「ジャスティンは天才的なコメディアンよ。誰もがそのことをわかっているわ。『サタデー・ナイト・ライブ』とかを長年やってきたから、彼に才能があるのは明らかね。最高のキャストを求めた結果、ジャスティンに決まったってわけ。彼は私たちの期待に応えてくれたわ」とジャスティンを絶賛した。

そんな旧知のジャスティンとの撮影現場は、キャメロンにとってもやはり楽しかったようだ。彼女は「ジャスティンと私は(交際中に)いつも大笑いしていたし、撮影現場でも笑いが絶えなかった。彼ほどのハマリ役はいなかったわね。だからこそ、彼はこの役を手にしたのよ」と振り返っている。

4年間の交際を経て、2007年に破局を迎えたキャメロンとジャスティン。ジャスティンは最近、キャメロンとの破局後から交際していた女優のジェシカ・ビールと別れたことが明らかになったばかり。一方のキャメロンは、ニューヨーク・ヤンキースのスター選手、アレックス・ロドリゲスと交際中なので、復縁はなさそう。でも、恋多き女として知られるキャメロンのこと、やけぼっくいの可能性も否定できない?

キャメロンとジャスティンが共演した話題作『Bad Teacher』の予告編はコチラ。全米公開は6月24日(金)の予定だ。

『Bad Teacher』予告編
続きを読む