デミ・ロヴァート、摂食障害を告白

2010年11月に"精神的および肉体的な問題"で、リハビリ施設に入所したデミ・ロヴァート。多くのファンを心配させたその理由が明らかになった。

デミは最近、ティーン向け雑誌『セブンティーン』とのインタビューで、(リハビリの)助けが必要だった本当の理由を告白。彼女は、メディアをにぎわせたバックダンサーとのケンカは問題の一部分に過ぎず、リハビリ入所の主な原因が摂食障害の治療にあったことを認めている。

「食べ物や自分のスタイルについて考えない日は、これからもないでしょうね。だけど、私はこの事実を我慢して受け入れている。若い女の子たちに言いたいのは、"安心できる場所があったらそこに居ていい"ってことね」

ディズニー・チャンネルのコメディー『サニーwith チャンス』の主役に加え、ミュージシャンとして殺人的なスケジュールをこなしていたデミ。だが今は、人生とうまく折り合いがつき、精神的にも安定しているとか。

デミは最後に、自分と同じような問題を抱える若い女性に向け、「自分の気持ちを吐き出すのは、とっても大事なこと。どうかその大事な体を傷つけないで欲しいの。辛い日々を送っているのなら、家族や親しい友達に助けを求めて。自分を危険にさらしてはダメよ」とアドバイスしている。

アイドルにつきものの重圧に加え、1人の女の子として容姿にコンプレックスを抱えていたデミ。問題と正面から向き合うその勇気に敬意を表します。
続きを読む