ブラッド&アンジェリーナ、子供たちの子守になる厳しい条件とは?

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーを見るたび、彼らはどうやって正気を保ちながら6人の子供たちを育てているのかという疑問がわく。その答えはどうやら、第三者の助けにあったようだ。

6人の子供たちにはナニー(一家と生活を共にするベビーシッター兼家庭教師)がついていて、その数はバスケットボールのチームが作れるほどだという。そこで<PopEater>はナニー志願者だった1人に直撃インタビューを試み、ブランジェリーナ家のナニーに課せられた厳しい必要条件を明らかにした。

彼女(元志願者)によると、子供たちにはそれぞれ、個人的なナニーが付くという。ナニーは大学の教育学または子供の発達(成長)学の学位を取得しているほか、最低でも2か国語ができる必要があるそうだ。ブラッドとアンジェリーナが外国から養子を迎える場合には特に、その子供の母語を話すナニーが求められるというわけだ。

ナニーはそのほかにも、一家の度重なる大移動を受け入れなくてはならない。ブランジェリーナ一家は1年ごとに、カリフォルニア州やニューオーリンズ、フランス、そしてブラッドまたはアンジェリーナの数々の撮影場所を転々とするからだ。

また気になる報酬だが、(年間で推定)5万ドル(約410万円)から15万ドル(約1200万円)にわたるという。6人の子供がいるブランジェリーナにとって、育児に費やす金額は年間で100万ドル(約8200万円)を超えるのは確実なようだ。

両親ともに大物セレブとはいえ、子育てのために年間8000万円も出せる家庭はほとんど存在しないだろう。大事に育てられている子供たちが、将来どんな大人になるのか楽しみなところです。
続きを読む