アンジェリーナ・ジョリー、ルイ・ヴィトンの新たな顔に選ばれる

アンジェリーナ・ジョリーが、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの新たな顔になることがわかった。


<E! Online>によると、アンジェリーナは同ブランドと1000万ドル(約8億円)近くの金額で契約を結んだという。全世界向けのキャンペーン広告は、ブランドのフォトグラファーを長年務める女性写真家、アニー・リーボヴィッツが担当する予定だ。広告はこの夏、紙媒体に登場するという。

女優業のかたわら、国連の親善大使も務めるアンジェリーナ。その美しさがお金になるのは間違いないようで、昨年末に終了した高級アパレル・ブランド、セント・ジョンに続き2件目の高級ブランドへの広告出演となる。また今回の契約は彼女にとって最も利益の多い契約になるという。ヴィトンの顔にはアンジェリーナのほか、これまでマドンナやジェニファー・ロペス、そしてスカーレット・ヨハンソンが選ばれている。アンジェリーナはもともと同ブランドのファンで、ブランドのモノグラムをあしらったバッグを持つ姿が頻繁に目撃されていた。

おしゃれなセレブとしても知られるアンジェリーナ。最近では、自身のジュエリー・ブランド、"Style of Jolie"のデザイナーとしても活躍している。

6人の子供の母親として、そして俳優ブラッド・ピットの良きパートナーとして、いっそう輝きを増しているアンジェリーナ。果たしてどんな広告が出来上がるのか、乞うご期待!


続きを読む