ブリトニー・スピアーズ、ツアーでのジャンクフードとアルコールを一切禁止

ブリトニー・スピアーズが、自身のツアー「Femme Fatale」開催地でのジャンクフードとアルコールの締め出しを考えているという。

英大衆紙『サン』によると、ブリトニーはツアーでのケータリング業者(食事の出張サービス)に対し、ホットドッグやピザ、クッキー・ドウ・アイスクリーム(注)を含むジャンクフードを提供しないよう、厳しく言い渡したという。彼女はまた、自分の前にアルコール類を置くこともやめさせているとか。

ブリトニーはそのほかにも、自分の更衣室ではマイケル・ジャクソンのアルバムを繰り返しかけるよう依頼。彼女はさらに、"キング・オブ・ポップ"ことマイケルの複雑な動作を再現すべく、彼のダンスチームに協力を求めたという。小規模のジムや加湿器も、今回のツアーの行く先々に運ばれることになりそうだ。

ブリトニーの北米ツアーは、6月16日(木)のカリフォルニア州サクラメント、パワー・バランス・パビリオンでの公演を皮切りにスタートする予定。

久々のツアーとあってか、はたまた自身の過去の過ちから学んだのか、自らにストイックなほどの制限を課しているブリちゃん。ファンはそんなあなたの素晴らしいステージを待ち望んでいます!

注: クッキーの生地が入ったバニラアイス
続きを読む