マライア・キャリー、妊娠中のお腹にイースター・エッグをペイント!

マライア・キャリーが、もうすぐ生まれてくる双子たちとイースター(キリスト教の復活祭)を祝ったようだ。

マライアは4月24日、自身のツイッター上に、妊娠中のお腹にペイントが施される写真を投稿。彼女のはちきれんばかりのお腹には、女性の手で、青い空と白い雲の模様のイースター・エッグが描かれている。エッグにはさらに、写真向かって左側にブルー、右側にピンクのハートが描かれ、これらはそれぞれ、誕生間近の息子と娘を表しているのだとか。マライアはさらに、「ハッピー・イースター(復活祭おめでとう)! できた!!!!! できた、できたわ」とメッセージも残している。

彼女がお腹にペイントを施すのはこれが2度目。その前には、ブルーとピンクの羽根を持つバタフライの絵が描かれた写真もツイッターに投稿し、自身の誕生日(3月27日)を祝っていた。

マライアと夫のニック・キャノンは最近、カリフォルニア州の高級住宅地、ベル・エアにある邸宅の子供部屋に、10万ドル(約810万円)もの大金をかけたことも告白。その中には、3万ドル(約245万円)するベビーベッドも含まれているという。

過去に流産を経験し、つらい日々を送っていたマライア。今回の双子の妊娠で大喜びしていると思いますが、生まれた子供たちにはくれぐれも"落書き"しないようにネ!
続きを読む