マライア・キャリー、子供部屋に10万ドルを費やす

マライア・キャリーはもうすぐ生まれてくる双子たちのためなら、お金に糸目はつけないらしい。

マライアは『Life&Style』誌とのインタビューで、10万ドル(約820万円)もの大金をかけ子供部屋を作ったと告白。米カリフォルニア州の高級住宅地ベル・エアにある邸宅内の部屋は、男女共用の色で飾り立てられ、マライアと夫のニック・キャノンの趣味も取り入れられているという。中には、3万ドル(約246万円)相当のベビーベッドもあるとか。

彼女は、「子供たちのために、美しく穏やかで、かつ心地よい部屋を作ってあげたかったの。すべてのものが調和しているわ。だけど、双子たちのそれぞれの存在感を表すために、個別に用意されているものもあるけどね」と語り、すべては子供たちのためだと強調している。

マライアとニックは現在、ニューヨークとロサンゼルスで過ごすことが多いようだ。一見不便そうだが、ラジオやテレビの番組ホストといったニックの仕事のため、両方に拠点があるのは重要だという。ニックは「僕は西海岸(ロサンゼルス)よりも東海岸(ニューヨーク)で教育を受けた方がいいと思っている。だけど仕事のことも考えなくてはね」とコメント。夫妻はニューヨークのアパートメントにも子供部屋を作ったという。

臨月に入り、いつ双子が生まれてもおかしくない状態のマライア。立派な子供部屋もできたことだし、あとは母親になる日を待ちわびるだけのようです。
続きを読む