新婚のウィリアム王子&キャサリン妃、ハネムーンは当分お預け?

世紀の結婚式を無事終え、夫婦としてスタートしたばかりのケンブリッジ公爵と公爵夫人(ウィリアム王子とキャサリン妃)。挙式翌日の4月30日の朝には、バッキンガム宮殿からヘリコプターに乗り、ロンドンを離れた。

<People.com>によると、満面の笑みを浮かべたキャサリン妃は、(結婚式のリハーサルで履いたのと同じ)ウェッジシューズにブルーの短いドレス、そしてジャケットという格好で現れ、一方のウィリアム王子は、カーキ色のパンツに紺色のジャケットというカジュアルな姿で、キャサリン妃の手を取り歩いていたという。

彼らは一体、どこへ飛び立ったのだろうか? イギリス王室のプレスリリースによると、ハネムーンではないそうだ。以下はリリースの一部。

「ケンブリッジ公爵および公爵夫人は、すぐにはハネムーンに出発しません。その代わり、この週末をイギリス国内でひっそりと過ごす予定です。公爵は(ウェールズの地方にある)来週から、救難ヘリの操縦士の任務に戻ります。夫妻が今週末を過ごす場所や、おそらく海外になるであろう今後のハネムーンの行き先は事前にお知らせいたしません」

離婚後にパパラッチに追いかけ回され、非業の死を遂げたダイアナ元皇太子妃。もしかしたら、愛する母親の悲劇を繰り返すまいと、ウィリアム王子は秘密主義に徹しているのかも。
続きを読む