ドラマ『glee』の女性陣、実は私生活でも仲良し?

ドラマ『glee』に出演しているリー・ミッシェル(24歳)、ディアナ・アグロン(24歳)、アンバー・ライリー(25歳)が、ファッション誌『マリ・クレール』5月号の表紙を飾った。撮影が終わっても、話が尽きないというほど仲良しの3人。

1日14時間もリハーサルと撮影に追われると、さすがに疲れるはず。そんな3人のリラックス法は、女子会「ファーストワイフクラブ」で飲むことだとか。

同誌のインタビューによると、どうやら1年以上前から、仕事が大変だった後は『glee』の女優陣で集まり、ミッシェルのトレイラーで赤ワインを楽しむということになっているらしい。

そして、そのあまりの仲の良さに、ディアナが、リーとデキているというウワサまである。
「リーは確かに美人よ。でも、いつから友達と抱き合うことがいけなくなったの?」とディアナ。

ディアナにとって、リーは学ぶべきところが多い女性だそう。彼女はこんなエピソードを語ってくれた。「シドニーからメルボルン行きの飛行機に乗ったとき、いきなり男が私の顔をつかんでキスしたことがあったの。そのとき、リーが怒鳴って、彼を押しのけてくれた。事情を知らない客室乗務員が『お二人ともお静かに』なんて言うから、リーがキレちゃって『こいつが私の友達にキスしたのよ!』って叫んだのよ」

ところで、この女子会「ファーストワイフクラブ」は、「男子禁制」を徹底しているわけでもない。
唯一、名誉会員となったラッキーな男性共演者がコーリー・モンテースだ。ライリーいわく、女子が大勢集まるこの飲み会を続行するためには、コーリーの広い家が必要だったのだとか。

いずれにせよ、女性陣の結束のために単に利用されているだけの男性陣。今後の彼女たちの「友情」が気になるところだ。
続きを読む