ドラマ『Lの世界』のサラ・シャヒ、パリス・ヒルトンの車にはねられそうになったと激怒

模範ドライバーからは程遠い存在のパリス・ヒルトン。最近、そんな彼女の被害者として、パリスをツイッターでののしったのが、米ドラマ『Lの世界』に出演している女優のサラ・シャヒだ。パリスの運転する車にもう少しでひかれるところだったらしい。

サラが、教習所の授業をさぼりまくったと見られるパリスについて、つぶやいた内容はこちら。
「パリス・ヒルトンは最悪のドライバー。もう少しではねられるところだった。しかも赤信号を無視。子どもをはねたらどうするのよ、メ○ブタ!」

これでもサラの怒りは収まらず、「人間として、最低の見本」、「なんて無責任な人。ショボい存在」、「私が母親じゃなかったら、こんなに腹を立てなかった」、「もうひと言言わせて。あんたなんて、金があるだけでエリートでも何でもない。人類に謝罪しろ」と、さらに4回にわたってパリスをバッシング。

そして、これを読んだパリスが、米TV番組『EXTRA』で反論に出ている。「すごくショックだった。っていうか、あの日は彼氏とラスベガスからちょうど帰ってきたばかりで、自宅でくつろいでいたのよ。車なんて運転してないのに。空港から家までは運転手に送ってもらったんだから。『なんで私なの?』って、あとで読んでビックリ。私に似たブロンドガールだったんじゃないの?」

パリスが140字以内でツイッター反撃に出ていれば、さらにサラも応戦したかも?
続きを読む