『ソーシャル・ネットワーク』のA・ガーフィールド、次は新生『スパイダーマン』に主演

『ソーシャル・ネットワーク』のアンドリュー・ガーフィールドが、劇場版『スパイダーマン』シリーズのリブート作品『The Amazing Spider-Man』に主演する。

巨大SNSフェイスブックの誕生を描き、世界中で大ヒットを記録した『ソーシャル・ネットワーク』(2010年)では、設立者の1人、エドゥアルド・サベリンを好演したアンドリュー。今回の『The Amazing Spider-Man』では、スパイダーマンこと主人公のピーター・パーカー役に抜てきされた。パーカー役はこれまでトビー・マグワイアが演じてきたが、本作ではキャストを入れ替え、新たな作品になるようだ。

同作ではアンドリューのほか、ヒロインのグウェン・ステイシーにエマ・ストーンがキャスティングされている。エマは、『ソーシャル・ネットワーク』で主人公のマーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグと大ヒット作『ゾンビランド』で共演しており、ハリウッドでも赤丸急上昇中の若手女優だ。彼女はMTVとのインタビューで、役作りのため赤毛からブロンドに変えることに対し、「私はもともとブロンドなの。だから(ブロンドにするのも)悪くないと思うわ。鏡を見て、『あらイヤだ。また私に戻っちゃった。久しぶりね』って感じかしら」とコメントしている。

アンドリュー・ガーフィールドが新生スパイダーマンに扮する『The Amazing Spider-Man』は、2012年7月3日から全米公開される予定。
続きを読む