「2人をそっとしておいてください」...シュワちゃん、25年連れ添った妻と離婚

日本でも「シュワちゃん」として親しまれている、俳優であり前カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーと、25年供に歩んだマリア・シュライバーさんが、9日、離婚すると発表した。

ロサンゼルス・タイムズ紙が報じたところによると、シュワルツェネッガー夫婦は9日月曜日に共同で離婚についての声明を発表したとのこと。
ここ数週間、妻・シュライバーさんが、夫の元から離れ別居しているところを目撃されていたため、2人の結婚について疑問の声があがっていた。

声明では次のように述べられた。
「2人にとってこれまでの期間は、お互いが、パーソナルにもプロフェッショナルにも成長していく上で大変貴重なものでした。さまざまな思慮、反応、議論、そして祈りの末、私たち2人はこの結論にたどりつきました。現在、私たちは、今後の関係を構築しながらも、離れて暮らしています。」
「私たちは、4人の子供の親であり続けています。子供たちは私たちの人生の中心であり、輝きそのものです。 私たちは、今回の件は個人的な事柄であると考えています。ですから、私たちからも、また私たちの友人や家族のいずれからも、これ以上のコメントはありません。 私たちはメディアの皆さんにも、また一般の皆さんにも思いやりと敬意を求めたいと思います。」

現在63歳のシュワルツェネッガーと、55歳のシュライバーさんは1986年に結婚、ちょうどこの4月26日に結婚25周年を祝ったばかりだった。

2人の間には、4人の子供がいる。うち、2人はキャサリン(21歳)とクリスティーナ(19歳)の女の子、2人はパトリック(17歳)とクリストファー(13歳)の男の子。

共和党から出馬し、2011年1月に知事を退任したシュワルツェネッガーは、オーストリア生まれの俳優。最近、3作品への主演についての契約にサインしたことを発表した。この契約には、新たな「ターミネーター」シリーズへの出演も含まれている。
また、アメコミ界の伝説的人物スタン・リーと共に「The Governator」なる新しいスーパーヒーローアニメとコミックシリーズ開始を計画しているそうだ。

一方のシュライバーさんは、ケネディ元大統領の姪でCBSのテレビ・ジャーナリスト。2008年の米大統領選でオバマ氏を応援するなど、民主党支持者として知られている。

シュワルツェネッガーの政界での活躍の陰に、政治的理念の違いを超えたシュライバーさんの多大な貢献があったと言われていたが、家庭内の理念の違いは乗り越えられなかった?




---
■関連フォトギャラリー

9 PHOTOS
超美男子!パトリック・シュワルツェネッガー
See Gallery
「2人をそっとしておいてください」...シュワちゃん、25年連れ添った妻と離婚
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る

続きを読む