リンジー・ローハンと間違えられたパリス・ヒルトン、辛口ジョークでこれを否定

かつては渦中のリンジー・ローハンと共に、お騒がせセレブの中核を担っていた(?)パリス・ヒルトン。そんな彼女が、今なおトラブルを引き起こしているリンジーにキツイ一発を浴びせた。

"事件"が起きたのは、パリスの新たなリアリティー番組『The World According to Paris』の撮影中のこと。パリスはホームレスのシェルターを訪れ、食事を提供していた。

そんな中、ホームレスの女性から身に着けていたイヤリングを欲しいと言われたパリスは、すぐさまこれを快諾。その場で女性にあげていた。女性はこれに対し、「(故郷の)オクラホマに帰ったら、妹にあげるわ。リン...にもらったって言うから」といいよどみ、さらに「あなた今、リハビリにいるんじゃなかったっけ?」と尋ね、パリスをリンジーだと思っていたことが発覚。

パリスはすぐさま「私はリンジーじゃないわ」と言い、「私が彼女だったら、イヤリングをあげるんじゃなくて(逆に)盗んじゃうでしょう?」と、これまで何度かリハビリ施設を出入りし、ネックレスの窃盗疑惑で起訴されたリンジーをバカにするようなコメントをした。

そんなパリスの暴言の証拠映像は、こちらからチェックしよう。

『The World According to Paris』プロモーション映像


だがその後、パリスはゴシップ・サイト<TMZ>に対し、「自分がしたコメントの件で、リンジーに謝るわ。ジョークだったんだけど、ちょっと考えが足りなかったし、言う必要もなかったわね」と反省している。

---
■関連フォトギャラリー

7 PHOTOS
パリス・ヒルトン2011年ニューイヤーはメキシコで!
See Gallery
リンジー・ローハンと間違えられたパリス・ヒルトン、辛口ジョークでこれを否定
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む