ドラマ『BONES』の主人公たちが恋に落ちない理由は、『こちらブルームーン探偵社』にあった?

【ネタバレ注意】ドラマ『BONES』第100話が放送されたが、視聴者はテンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)とシーリー・ブース(デビッド・ボレアナズ)のロマンスにかけた期待を打ち砕かれる結果に。『BONES』は憧れ、嫉妬、キュートなシーンは盛りだくさん。5年もあれば明らかに恋に落ちそうなものだが、主人公の二人の関係は一向に発展しない。

まずその理由として思い当たるのが、ドラマ『こちらブルームーン探偵社』の"悪夢"だ。同ドラマは、80年代に大ヒットしたシリーズで、ブルース・ウィリスとシビル・シェパードが主役を務めた。しかし、シーズン3の第14話で彼らがベッドインした後から、視聴率は急降下。ドラマの人気が盛り返すことはなかった。おそらく『BONES』は、その二の舞を恐れているのではないだろうか。

しかし、第100話の脚本を執筆したハート・ハンソンはこれを否定している。打ち合わせの際も、特に『こちらブルームーン探偵社』の件が話題にのぼることはなかったとか。彼はさらに、「そんな迷信は信じない」と同ドラマの悪夢を一蹴。しかし、この言葉こそ信じてはならない。かつて彼は、ブレナンとブースが関係を持つことを我々に約束してくれたのだ!

とはいえ『The Office』や『The Big Bang Theory』は、主役同士が結ばれても視聴率を上げている。しかし『フレンズ』は、ロスとレイチェルがすったもんだを繰り返し(でも、付き合うのは付き合った!)、結局ハッピーエンドをシリーズの最後まで引っ張っていた。

そんなことはどうでもいいから、とにかく『BONES』の二人をくっつけてほしい。じれったいストーリーはもうウンザリだ!
続きを読む