双子を出産したマライア・キャリー、病室で飲酒&ドラッグの疑いがかけられる

4月30日にモロッカン君とモンローちゃんの双子の男女を出産したマライア・キャリー。夫のニック・キャノンと一緒に人生最大の幸せをかみしめていたのだが、思わぬ"訪問者"に水を差されてしまったようだ。

トーク番組で司会者のピアース・モーガンに対し、「児童保護局から人がやってきたんだ」と切り出したニック。彼によるとその人物は、マライアの病室でアルコールおよびドラッグが使われたという申し立てを確認するのが目的だったという。

ニックはこれに対し、マライアがいる病院で交わされた会話を聞いた何者かが、この話をでっち上げたのではないかと説明。看護婦がマライアにビールを飲むと母乳の出がよくなると話していたことがわい曲されたようだとしている。

彼は続けて、「すべての始まりは、看護婦がマライアにギネス・ビール(黒ビール)を勧めたことなんだ。ビールに含まれるイースト菌によって、母乳の出が改善するってね。誰かがそれを聞いて、僕の妻(マライア)が飲酒しているんじゃないかって話になったようだ」と、妻の無実を主張した。

ニックはまた、彼とマライアの子供たちの写真を取ろうと、人々がありとあらゆる手段を使っている現状にも憤りを表している。

セレブであることとプライバシーの両立は永遠のテーマ。とはいえ産後間もない時期に、早くも児童保護局から疑いをかけられてしまったマライアが、ショックで母乳が止まらないことを願っています。
続きを読む