レディー・ガガとマドンナ、実は遠い親戚だった!?

"クイーン・オブ・ポップ"の名をほしいままにするレディー・ガガとマドンナ。そんな二人に関する驚きの新事実がわかった。

共にイタリア系アメリカ人のガガとマドンナ。過去をさかのぼれば血がつながっていてもおかしくない二人だが、どうやらこれは本当なんだとか。

「ガガとマドンナは9親等のいとこです」と『The Boston Globe』紙に語るのは、セレブの系図学者のクリス・チャイルド氏。

マドンナ(本名: マドンナ・ルイーズ・ヴェロニカ・チッコーネ)とガガ(本名: ステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ)は共に、1600年代にカナダのケベックに移住したフランス移民の子孫なのだという。チャイルド氏はまた、「ガガにフランス系カナダ人の祖先がいるとわかったとき、私はそこに何かがあると思いました」と続けている。

同じ祖先を持つ二人が、共にアメリカ、そして世界を代表するスーパースターになったという事実。"人権賛歌"ともいわれるガガの新曲「Born This Way」が、"自分を表現しなさい"と歌ったマドンナの名曲「Express Yourself」に似ているとされるのも不思議ではない(単なるこじつけ)?

---
■関連フォトギャラリー

10 PHOTOS
マダム・タッソーろう人形館「レディー・ガガ」
See Gallery
レディー・ガガとマドンナ、実は遠い親戚だった!?
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む