双子のママとなったマライア・キャリー、夫から「スペシャルな」ネックレスが贈られる

4月30日に晴れて双子のママになったマライア・キャリー。夫のニック・キャノンは人生最大の仕事を終えた彼女に、最初の母の日のプレセントとして、目がくらむほどキラキラと輝くスペシャルなネックレスを贈っていた!

このネックレスはなんと、14カラットのローズゴールドとダイヤモンドがちりばめられたもので、その額たるや1万2,000ドル(約98万円)! これは、9か月もの間頑張ってくれた妻に、ニックができるせめてものことだろう。またこのネックレスには、生まれたばかりの双子のベビー、モロッカン君とモンローちゃんの名前入りというから心憎い。妻へあふれんばかりの愛情をささげつつ、すでにその子煩悩ぶりも周囲に見せ付けている。

このネックレスは、最高級を表すホワイト・ダイヤモンドでモロッカン君の名前を、そして明るさと大胆さを表すピンクのサファイアを使ってモンローちゃんの名前をあしらっている(4カラット以上あるらしい!)。「双子の赤ちゃんが生まれた日のニックときたら、そりゃあもう興奮しすぎて大変だったよ。彼は妻マライアのために何か形の残る特別なものを贈りたいと考えて、この最高のプレゼントにたどり着いたというわけさ」と、このネックレスを担当したハリウッド御用達のジュエリーデザイナー、ジェイソン・アラシェベン氏は語る。

すでに米カリフォルニア州にある邸宅に、10万ドル(約820万円)をかけた超豪華な子ども部屋を作っているほか、ベビー用品も大金をかけて買いそろえたという見事な親バカぶりを発揮しているニック&マライア夫妻。妻を喜ばせ、愛らしい双子ちゃんを家に迎え入れる準備を万全に整えたニックは、ひとまず新米セレブパパとしての最初の役目をうまく果たせたようだ。

それにしても、子どもがかわいいからといって今からお金を使いすぎると、これから続くダブルの出費で大変なことになっちゃうかも?!
続きを読む