第64回カンヌ国際映画祭特集 受賞結果一覧

さて、カンヌ国際映画祭の幕が閉じた。
前回のオフィシャルセレクション紹介を読んで頂いたかと思うが、今回の受賞結果はAOL編集部として納得していると言えるだろう。

パルムドールは、『The tree of life(ツリー・オブ・ライフ)』が受賞した。予想できたことだった。テレンス・マリック監督がこの映画の製作に少なくとも10年間、またはそれ以上の 年数をかけたのではと、思わせるほど非の打ちどころがない仕上がりになっている。本作の美しさは、難解、観念的な大作にふさわしく、スケールが大きい。今 年の審査員は、その壮絶なスケールに感化され(すぎ)たに違いない。しかし、この映画はその難解さのため、論争の的となり、上映会の観客のリアクションは 賛否両論だった。作品の難解さは、『2001年宇宙の旅』に匹敵し、理解可能になるまで15回は見直さないといけないのかもしれない。そして、この作品の 謎をさらに深めることに、テレンス・マリック監督(彼は病的な恥ずかしがり屋)はもちろん受賞式を欠席していた。

グランプリを同時に受賞したのが、『 Bir Zamanlar anadolu'da(昔々アナトリアで)』 と『Le Gamin auVélo(自転車と少年)』だった。前者だが、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督は、見事に倦怠を描くことに成功した...彼はまた、映画祭期間中、比較にな らないほど美しい映像とカメラワークが自分の映画の見どころだと、語っていた。後者だが、またもやダルデンヌ兄弟の実力を見せつけられた。シンプルで正義 感のあるこの物語は人を感動させた。しかも、いつもの低予算で。2人は紛れもなく、巨匠の域に達している...映画の勉強になるよ。

男優賞に輝いたのは、ジャン・デュジャルダン。この映画祭の最高の便りだ。私たちは、才能あふれる彼がブラッド・ピットの主演の座を絶対に奪うと確信していた。予想は見事に的中。無声映画、『The Artist(アーチスト)』での彼の演技は驚異的だ。そう、無声映画なのだ。早く日本の皆さんにも、もっとよく知ってもらいたい俳優だ。

女優賞は、キルスティン・ダンスト。下馬評で予想されていたのが 『We need to talk about kevin』のティルダ・スウィントンだっただけに、少しびっくり。少々がっかりしたが、審査員たちは結局、ラース・フォン・トリアー監督が巻き起こした スキャンダルがあったからといって、『Melancholia(メランコリア)』の作品まで罰しなかったのだね。ラースは記者会見で、アドルフ・ヒット ラーに共感できるという失言をし、「好ましくない人物」というレッテルがはられ、映画祭から追放されたのだ。映画祭史上、前代未聞のことだった。気の毒に キルスティンは、賞を受賞する時、気まずかっただろうに...残念だ。

監督賞は、『Drive(ドライブ)』のニコラス・ウィンディング・レフン監督。カンヌ映画祭でも、ギャング、カーチェイス、復讐混じりのフィルム・ノ ワールが通用するなんて、喜ばしいことだ。監督の演出は、この手の映画のファンたちにはたまらなく、苦手な人たちをも魅了するに違いない。これで、カンヌ 映画祭は、全ジャンルを網羅していることを証明し、毒舌家たちを黙らせてくれるだろう...

脚本賞は、ヨセフ・シダー監督の『Hearat Shulayim』が受賞。本作には、映画評論家たちも満場一致だった。扱ったテーマにオリジナリティーがあったものの、今年の審査員たちの趣味を疑うほ ど、演出が悪く、とりわけ注目されていなかった作品だった。いつ日本で劇場公開されるのか、目をこらしておこう。まあ、きっと公開されないだろうね。

審査員賞は、マイウェンの『Polisse(ポリス)』が受賞。若き監督は実力を見せつけた。彼女はとても難しいテーマである、社会の貧しさを見事に描い た。評論家たち全員は、彼女が何かの賞を絶対に取ると思っており、何人かは彼女がパルムドールに耀くことを夢見た。一つだけ確かに言えることがある。マイ ウェンはまたいつかカンヌに戻り、その時きっと...

で、日本勢はどうだったのかな?全くだめだったみたいね。河瀨直美も、三池崇史も、カンヌをうなずかせることはできなかった。まあ、今年の顔ぶれは確かに 素晴らしく、競争もかなり厳しかった。残念なのは、この2人に対してほとんど何の批評もなかったことだ。今年のセレクションの中で、日本の影は薄かった。 一度冷静になって、ストーリー構成に非常に厳しい、世界の観客に向けて、もっと脚本を磨いた方が良いかもしれない。海外で邦画はとても人気だが、その弱点 はしばしば指摘される。日本はこれまでいくつかの賞を既に受賞しており、間違いなく、これからも受賞することだろう...では、来年のカンヌ映画祭でまたお会いしましょう!


19 PHOTOS
第64回カンヌ国際映画祭 公式作品
See Gallery
第64回カンヌ国際映画祭特集 受賞結果一覧

Directed by Nuri Bilge CEYLAN

Directed by Nicolas WINDING REFN

Directed by Nanni MORETTI

Directed by Naomi KAWASE

Directed by Joseph CEDAR

Directed by Takashi MIIKE

Directed by Bertrand BONELLO

 Directed by Pedro ALMODÓVAR

Directed by Jean-Pierre et Luc DARDENNE

Directed by Aki KAURISMÄKI

Directed by Lars VON TRIER

Directed by Markus SCHLEINZER

Directed by Alain CAVALIER

Directed by MAÏWENN

Directed by Julia LEIGH

Directed by Michel HAZANAVICIUS

Directed by Terrence MALICK

Directed by Paolo SORRENTINO

Directed by Lynne RAMSAY

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


---
□関連記事
第64回カンヌ国際映画祭特集 ここでしか聞けないカンヌ国際映画祭の裏話、審査員、作品紹介

第64回カンヌ国際映画祭特集 オフィシャルセレクション20作品紹介あらすじ紹介
続きを読む