マイリー・サイラス、人気ファッション・メーカーを「口」撃!

ファッショニスタとしても知られるマイリー・サイラスが、若者に人気のファッション・メーカーを激しく非難している。

マイリーが名指しで批判しているのは、米フィラデルフィアに本社を置くファッション関連の小売チェーン、アーバン・アウトフィッターズ。同チェーンが無名のアーティストからジュエリーのデザインを盗用したことを知ったマイリーは、自身のツイッターで次のようにコメントしている。

「みんながアーバン・アウトフィッターズを嫌いになってくれて、とてもうれしいわ。この会社はアーティストたちから(アイデアを)盗むだけじゃなく、私たちが会社の製品にお金を払うたびに、同性愛者の平等な扱いを反対する動きに貢いでいたってことになるんだもの」

マイリーはさらに、アーバン・アウトフィッターズが、スティーヴィー・コーナーというアーティストが別の会社に売ったネックレスのデザインを盗んだことにも言及。これによると、スティーヴィーは、同社が彼女のほかにも多くのアーティストのデザインを盗んだことは、決してほめられるものではないと語っているという。マイリーはさらに、アーバン・アウトフィッターズのCEOが、アンチ・ゲイ(反同性愛者)を掲げる政治家に数千万ドルもの政治献金をしていることも批判している。

もはや自分が食べるものだけでなく、着るものや使うものにも"バックグラウンド"を求める人が増えてきた今日このごろ。事実をきちんと確認した上で、消費者にその是非を問うのは良い傾向かもしれない。
続きを読む