テイラー・スウィフト、巨大な竜巻に遭遇していた!

テイラー・スウィフトの新作ミュージック・ビデオ「The Story of Us」は、別れた恋人と不意に会ってしまう気まずさを描いたもの。そんなビデオの撮影中に起きた衝撃の事実がこのほど明らかになった。

MTVによると、テイラーはこのビデオを、テネシー州ナッシュビル郊外にあるヴァンダービルト大学の構内で撮影。しかし、このたびアメリカ南部を襲った巨大竜巻の影響で撮影が中断してしまったという。

「撮影した日がちょうど、竜巻がナッシュビルを襲った日だったの。結局撮影を中断して、全員で避難することになったわ。窓のない部屋に隠れたんだけど、とても大変だった」とテイラーは振り返っている。

巨大竜巻の威力を目の当たりにしたテイラーは、この竜巻の被災地を応援するため、"スピーク・ナウ"ツアーの最終リハーサルを公開することを決定。チケット代の売り上げを全額寄付する公開リハーサルは「Speak Now...Help Now!」と題され、リハーサル地でもあるナッシュビルで開催された。

「被害を受けた人、家族を亡くした人たちに、私ができることはないか考えたわ。客席がガラ空きのリハーサル会場を見て思いついたの、お客さんを集めてリハを見てもらおうって。そうすれば、チケットの売り上げを復興にあててもらえるでしょ」

そんなテイラーの気持ちはしっかりと届いたようで、公開リハーサルは大盛況に。チケットの売り上げだけで、75万ドル(約6,100万円)もの金額が集まり、すべてが被災地へ送られるという。テイラーは最近、経済誌『フォーブス』が選ぶ「最もパワフルなセレブ・ランキング」で7位を獲得したばかり。パワフルかつ優しさにあふれた歌姫であることを、自ら証明してみせた。

テイラー・スウィフト 「The Story of Us」
続きを読む