主役は『ソーシャル・ネットワーク』のあの子! 『ドラゴン・タトゥーの女』予告編

スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの小説を原作に、世界中でヒットを記録したサスペンス映画シリーズ『ミレニアム』。そのハリウッド・リメイク版が完成し、予告編が公開された。

ちなみに今回のオフィシャル予告編の前には、レッド・バンド・トレーラーという年齢制限付き(=少々キワドイ)予告編がネット上に流出し、こちらも話題を集めていた。

『ドラゴン・タトゥーの女』オフィシャル予告編

今回の作品『ドラゴン・タトゥーの女』(原題:The Girl with the Dragon Tattoo)は、2010年1月に日本でも公開された北欧スリラー『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のハリウッド・リメイク版。同作は巨大SNS・フェイスブック誕生の光と影を描いた『ソーシャル・ネットワーク』のデヴィッド・フィンチャーが監督を務め、『ソーシャル...』で主人公マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)の元恋人を演じたルーニー・マーラが主人公に選ばれている。

ルーニーは劇中で敏腕女性ハッカーのリスベット・サランデルに扮し、パートナーのミカエル・ブルムクヴィストには『007』シリーズでおなじみのダニエル・クレイグがキャスティング。そのほかにも、スウェーデンのベテラン俳優ステラン・スカルスガルドや、スカーレット・ヨハンソンの恋人ショーン・ペンの元妻で女優のロビン・ライト、ドラマ『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』のジョエリー・リチャードソンも登場する。

『ドラゴン・タトゥーの女』は、米国とスウェーデンでは2011年12月21日に、そして日本では2012年2月ごろの公開を予定している。

世界で注目を集めている『ドラゴン・タトゥーの女』。本国スウェーデン版とハリウッド・リメイク版を見比べてみるのも楽しいかもしれない。

■関連リンク
デヴィッド・フィンチャー監督の傑作ミュージック・ビデオ

スウェーデン版は一度しか観ていないんだ...『ドラゴン・タトゥーの女』記者会見レポート

話題の新作『ドラゴン・タトゥーの女』から新たな予告編が登場!
「ドラゴン・タトゥーの女」;清純派から超ダークなヒロインへ、根性の激変ぶり。

スカーレット・ヨハンソン、セクシーすぎて役を逃す!?

アカデミー賞ノミネート結果に見る、作品またはキャストの明暗



続きを読む