リアーナ、最新シングル「Man Down」のPVで衝撃のシーンを公開

2009年のグラミー賞授賞式の直前に、当時の恋人クリス・ブラウンから悪夢のような暴行を受けていたリアーナ。その彼女が、最新シングル「Man Down」のPVの中で、自分を襲ったレイプ犯を銃で撃って復讐(ふくしゅう)するというショッキングなシーンを公開し、物議を醸している。

問題の場面はPVのオープニングに登場。駅の構内でリアーナに撃たれて息絶える男は、フラッシュバックする映像を通じて、その前日のナイトクラブ帰りに彼女を襲った人物であることが分かるという設定だ。

リアーナ 「Man Down」 PV

PVを公開した後、ツイッターを通じてファンに「『Man Down』のビデオに熱い反応を返してくれてありがとう! みんなを愛してるし、見てくれたことに感謝するわ!!」と興奮気味に語ったリアーナ。その一方で「世界中の若い女の子たち...とても純粋で、楽しいことに目がなくて、無防備で...。でもね、そんな世間知らずが彼らの格好の餌食(えじき)になっちゃうのよ!」と、まじめな意見もツイートしている。

リアーナは続けて「自分には絶対起こるはずはないって安心してるけど、でも現実の話、それは誰にでも起こりうることなの。だから世の女性たちは気をつけて、そしてママのいうことをちゃんと聞くのよ!」と、まるで2年前の彼女自身に語りかけているかのようなリアルなコメントも加えた。
自分のことは自ら守り、女性の権利を拡大していこうと熱心に説くリアーナだが、問題のビデオについて激しい論争が巻き起こるのはまず間違いなさそうだ。

でも他人のことを心配する前に、まずはリアーナ自身が注意しないとね?!

---
■関連フォトギャラリー

19 PHOTOS
リアーナ、ヒット曲「S&M」を熱唱
See Gallery
リアーナ、最新シングル「Man Down」のPVで衝撃のシーンを公開
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む