<ロイヤル・ウエディング>キャサリン妃のウエディング・ドレスが一般公開へ

4月に行なわれたロイヤル・ウエディングでキャサリン妃が着用したウエディング・ドレスが、来月から一般公開されることがわかった。

<People>によると、このドレスは2011年7月23日(土)から10月3日(月)まで、バッキンガム宮殿で公開されるという。イギリスを代表するファッション・ブランド、アレキサンダー・マックイーンのクリエーティブ・ディレクター、サラ・バートンさんが手がけたこのドレス。今回はドレスのほかにも、カルティエの"ヘイロー"ティアラや、イヤリング、ベール、サテン生地のレース・シューズも展示される予定だ。

このほかにも、ウエディング・ケーキも宮殿のダイニング・ルームに展示される。情報筋は<People>に対し、「(ウエディング・ケーキを除く)他のケーキは、出席者に振る舞われたんだ。だけど、ウィリアム王子とキャサリン妃がナイフを入れたケーキは展示されるんだよ。ケーキには、二人がナイフで入れた切り目も見ることができるよ」と語っている。

また、今回の一般公開に際し、ウィリアム王子とキャサリン妃の広報担当者は次のようにコメントしている。「ケンブリッジ公爵ならびに公爵夫人(=ウィリアム王子とキャサリン妃)は、今回のウエディングにおけるイギリスの優れた職人技を、人々が間近で見られるのをうれしく思っています」

気になる見学料は、大人が28ドル70セント(約2,300円)、子供が16ドル50セント(約1,300円)。実際に見たい方はこの夏、イギリスへ行ってみよう!

関連記事: A・マックイーンのデザイナーが手がけた、キャサリン妃のウエディング・ドレス

---
■関連フォトギャラリー

10 PHOTOS
ウィリアム王子とケイト・ミドルトンロイヤルウェディング
See Gallery
<ロイヤル・ウエディング>キャサリン妃のウエディング・ドレスが一般公開へ
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む