新キャットウーマンのアン・ハサウェイ、撮影中に「アン・パンチ」を食らわせる!?

映画『ダークナイト』の続編、『ザ・ダークナイト・ライジズ』で、新ヒロインのキャットウーマンを演じるアン・ハサウェイ。そんな彼女が撮影中、スタントマンにケガをさせてしまったようだ。

アンは映画のアクション・シーンの撮影中、いささかエキサイティングしてしまったようで、銃把(じゅうは、銃の手で握る部分)でスタントマンの顔を殴打してしまったのだとか。スタントマンは目の周りに黒いあざができてしまったという。

新たなキャットウーマンに選ばれたアン・ハサウェイ

「アンは撮影に夢中になり過ぎてしまったようで、銃把が誤って相手の眼窩(がんか)に当たってしまいました」と、情報筋。スタントマンは黒々としたあざのまま家に帰り、アンはこれに恐縮していたとか。

フルボッコとまではいかなかったようだが、アンがスタントマンを"ボコ"ってしまったのは確か。もちろん申し訳ないとは思っているようですが、その後スタントマンに「アンほどすごいパンチの持ち主はいない」と彫られたペンを贈った行為には、あまり反省の色が見られないような気もします...。

---

■関連記事
<第83回アカデミー賞>A・ハサウェイ&J・フランコとノミネート作のコラボ映像
続きを読む