暴露本の著者が語る、アンジェリーナ・ジョリーとダイアナ元皇太子妃の共通点

有名人の自叙伝を書かせると右に出る者がいないといわれている作家、アンドリュー・モートン。そんな彼の最新作『アンジェリーナ・ジョリー 暴かれた秘密』も例外ではない。そこで今回、モートン氏にアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットや子どもたちの関係、さらにはダイアナ元皇太子妃との共通点について聞いてみた。

モートンは1992年に元皇太子妃について書いた『ダイアナ妃の真実』を皮切りに、モニカ・ルインスキー、マドンナ、トム・クルーズなど、数多くの著名人を赤裸々につづったベストセラーを世に送り出してきた。

まず気になるのが、アンジーとブラット・ピットとの関係だ。モートン氏いわく、二人とも互いを刺激し合って、多忙を求めるカップルだとか。アンジーは自由な精神の持ち主で、あちこち飛び回る人。それをブラピと子どもたちが支えている。

「別れるのは時間の問題」と何度も報じられてきた二人だが、6人の子ども、アンジーの母親の死、絶えずささやかれる二人の関係、前妻ジェニファー・アニストンの影など常に何かしらの波風が立っていて、まさに嵐の中に生きているのが当たり前な状態。ブラピは、そんな自分たちのことを「水の中をノンストップでグイグイ進むサメのよう」と言っている。とはいえ、アンジーが仕事のときは、ブラピが子どもたちの世話をしている。自宅のあるニューヨークでは、ブラピが普通のパパと同じように、本屋や映画館、ハンバーガーショップに子どもを連れて行く姿が目撃されている。

ところで、アンジーはジェニファーのことを気にしていたりするのだろうか。これについては、今さら気にするわけないとモートン氏。ジェニファーがブラピと別れたのは6年も前のこと。「三人とも、前に向かって自分たちの人生を生きているよ」とコメントした。だがやはり、アンジーがジェニファー主催のいかなるイベントにも誘われることはまずないだろう。

さらにモートン氏は、アンジーとダイアナ元皇太子妃の共通点について言及。彼はそのカリスマ性、複雑な幼少期、摂食障害、常に世間にさらされるプライベートなど、アンジェリーナと元皇太子妃の境遇はとても似ていると指摘した。さらに、二人とも、自分の影響力をうまく活用して、世界中の恵まれない人々に手を差し伸べる活動に関わっていることも印象的だと話している。

常に世間の注目を集める存在のアンジーとダイアナ元皇太子妃。残念ながら、元皇太子妃の未来を見ることはできないが、アンジーがどんな人生を歩むのか、今後も見逃せない!



---
■関連記事
ブラッド&アンジェリーナ、子供たちの子守になる厳しい条件とは?

■関連フォトギャラリー

9 PHOTOS
Prince Charles And Lady Diana On Their Wedding Day
See Gallery
暴露本の著者が語る、アンジェリーナ・ジョリーとダイアナ元皇太子妃の共通点

UNITED KINGDOM - JULY 01:  An informal study of Prince CHARLES, the Prince of Wales, and Lady Diana SPENCER, whose wedding will take place at Saint-Paul's Cathedral, London on 29th July 1981.

The wedding of Charles, Prince of Wales, and Lady Diana Spencer in St Paul's Cathedral, London, 29th July 1981. The bride arrives on the arm of her father, John Spencer, 8th Earl Spencer.

The wedding of Charles, Prince of Wales, and Lady Diana Spencer at St Paul's Cathedral in London, 29th July 1981. Prince Andrew is beside his brother Charles, and John Spencer, 8th Earl Spencer, gives his daughter away. In blue is Diana's mother, Frances Shand Kydd and next to her is Diana's brother Charles. Robert Runcie, the Archbishop of Canterbury, conducts the ceremony.

The wedding of Prince Charles and Lady Diana Spencer at St Paul's Cathedral in London, 29th July 1981. Behind them are Queen Elizabeth II, Prince Philip, Duke of Edinburgh, the Queen Mother, Prince Andrew, Prince Edward, Princess Anne, Captain Mark Phillips, Princess Margaret and Viscount Linley.

UNITED KINGDOM - JULY 29:  On July 29, 1981, Lady Diana SPENCER (aged 19) married Prince CHARLES (aged 32) at Buckingham Palace.

The Prince and Princess of Wales return to Buckingham Palace by carriage after their wedding, 29th July 1981. She wears a wedding dress by David and Elizabeth Emmanuel and the Spencer family tiara.

Prince Charles & Princess Diana (1961 - 1997) stand on the balcony of Buckingham Palace after their wedding ceremony at St. Paul's Cathedral, London, England, July 29, 1981.

LONDON, UNITED KINGDOM - JULY 29:  Wedding Of Prince Charles And Lady Diana Spencer.

LONDON, UNITED KINGDOM - JULY 29:  Prince Charles And Princess Diana Waving From  The Balcony Of Buckingham Palace.  They Are Accompanied By Prince Philip.  The Princess Is Wearing A Dress Designed By David And Elizabeth Emanuel.

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む