ブリトニー、リアーナ、マイリー...清純派からセクシー系に路線変更したスターたち

人は誰でも成長して変化する。でも、ハリウッドで、大人になったことを証明するのには思い切りが必要だ。「もう子どもじゃないんだ」と納得させるには、セックスアピールや脱いじゃうこともアリ。そこで清純派からセクシー系に変化したセレブを紹介しよう。

ブリトニー・スピアーズ
制服姿のおしゃれな女の子で一世を風靡したブリトニーだったが、そんなところでおさまっているわけがなかった。2000年にMTVで、まるでストリッパーのような衣装とダンスを披露した時から、彼女は「隣の女の子」から「世界のセックスシンボル」に変わったのだ。

クリスティーナ・アギレラ
ミッキーマウスクラブの仲間たちと同様、そこそこ「いい子」のイメージだったクリスティーナは、2002年のアルバムのジャケットでイメージを一新。ビキニのような皮のコスチュームに、世間は愕然とした。

リアーナ
バルバドス出身の美少女の変貌ぶりもまた激しい。2007年の『Good Girl Gone Bad』では、大胆でセクシーなリアーナが登場。2009年の『Rated R』(邦題:R指定) での妖艶な魅力は、まさにこのタイトルが示すとおりだ。

ヴァネッサ・ハジェンズ
ディズニーの『ハイスクール・ミュージカル』で可愛くて純粋なヒロインだったヴァネッサは、2007年にヌード写真がネットに流出してからイメージが一変。自分のミスと反省のコメントを出しているものの、それからの彼女は、見事な曲線美を惜しみなく披露するセクシーなドレスをまとい、レッドカーペットに立っている。

マイリー・サイラス
皆を驚かせた始まりは、『ヴァニティ・フェア』誌の写真からだった(彼女は毛布一枚をまとった姿だった)。でもこれだけでは止まらない。2009年のティーン・チョイス・アワードではポールダンスをお披露目。やっぱり狙うはセクシー路線?

---
■関連記事
マイリー・サイラス、伝説の女性シンガーと迫力度満点のステージを披露

■関連フォトギャラリー

19 PHOTOS
リアーナ、ヒット曲「S&M」を熱唱
See Gallery
ブリトニー、リアーナ、マイリー...清純派からセクシー系に路線変更したスターたち
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む