降板? それとも大学へ? 『glee』の主要キャラが2012年に「卒業」

日本でも人気の青春ミュージカル・ドラマ『glee』から、主要キャストが"卒業"することがわかった。

ドラマのディレクター、ライアン・マーフィーは、先週の金曜日に出演したラジオ番組でこれを認め、この秋から来年5月あたりまで放映されるシーズン3で、『glee』のメンバーがマッキンリー高校を卒業すると語った。

「これはキャストの降板とか、入れ替えというわけじゃないんだ。キャストはとても才能があるし、(視聴者から)とても愛されている。彼らは信じられないほど素晴らしい足跡を残してくれたよ」と、マーフィー。彼はただ単に、登場キャラクターが通常3年のはずの高校生活を、(ドラマの展開の都合などで)8年など長期に渡って登場するのは避けたいのだとか。そう、あくまでも実際の高校生活と同じ年月でドラマを進めたいと考えているようだ。

マーフィーは高校生役のキャストの降板などは明言しなかったものの、シュースター先生を演じるマシュー・モリソンとシルベスター先生役のジェーン・リンチはシーズン3以降も続投することを明らかにした。彼はまた、若くて無名なキャストにブレイクする機会を与えることは、とても楽しいとも語っている。

この夏にはコンサートの模様を収めた3D映画も全米で公開されるなど、ドラマの枠にとらわれず、活動の場を広げている『glee』。レイチェルやフィン、クイン、パックなど、個性豊かなキャラクターの今後に引き続き注目していこう。

---
■関連記事
『glee』のリー・ミシェル、自身のルーツに誇りを持つ

■関連フォトギャラリー

19 PHOTOS
2011年キッズ・チョイスアワード
See Gallery
降板? それとも大学へ? 『glee』の主要キャラが2012年に「卒業」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む