『glee』のコーリー・モンテース、「僕はフィンほど良い人間じゃない!」

人気ドラマ『glee』の心優しいイケメンといえば、コーリー・モンテース演じるフィン・ハドソン。だが当のコーリーは、自分の本当の姿はフィンとはかなり違うと告白している。

現在29歳の彼は米『パレード』誌とのインタビューで、完ぺきとは程遠かった自分の過去を激白。「僕は(好青年といわれる)フィン・ハドソンじゃない。これまで、色々な人間関係を断ち切ってきたんだ。自分は手に負えない人間だったんだよ」

コーリーは12校もの学校に通ったのち、16歳のときに中退。そのうちの1校には、問題を抱えるティーンエイジャーのための特別プログラムがあったという。彼はその後、19歳でリハビリ施設に入所。彼の母親や友人は当時、コーリーがこのままでは死んでしまうと心配し、彼に変わるよう話したとか。

彼はさらに、家族の財布からお金を盗んだことも告白。捕まるのはわかっていたが、そんなことすらどうでもよかったという。家族からたしなめられても、「そうだよ、盗んだのは俺だよ」と開き直っていたそうだ。今ではすっかり役者として輝かしいキャリアを築いているコーリーは、最後に子供たちに向けて、自分と同じ道は歩んでほしくないと締めくくっている。

---
■関連記事
これを知ったらもっと面白くなる?! ドラマ『glee』出演者たちの過去

■関連フォトギャラリー

16 PHOTOS
2011年ピープルズ・チョイスレッドカーペット
See Gallery
『glee』のコーリー・モンテース、「僕はフィンほど良い人間じゃない!」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む