シャーリーズ・セロン、「政府や宗教が恋愛の相手を決めるのはおかしい!」

かつて「アメリカで同性婚が合法化されるまで、自分は結婚しない」と宣言していた女優のシャーリーズ・セロン。今ではどうやら、結婚自体をしないつもりのようだ。

シャーリーズはCNNのトーク番組に出演し、「(結婚における平等さについて考える)前は、結婚は自分にとって重要なものじゃないと思っていたの。これといった理由はないんだけど」とコメント。彼女はさらに、「私がそう考えるのは、私自身が問題を抱えた家庭で育ったからだと言う人もいるでしょうね。私の両親の結婚は、どう見ても良いものじゃなかった。だけどそれが理由だとは思わないわ」と付け加えた。

シャーリーズ・セロン インタビュー


シャーリーズはさらに、結婚は"素晴らしい権利"だと主張。政府や宗教がどんな人を愛せるのか、またどんな愛が"良い"のかを決めるのはおかしいと語った。また、自分のゲイやレズビアンの友達の多くが結婚を望んでいることも明かしている。

一方、自身の恋愛関係については、(結婚はしなくとも)長期間の関係を築きたいと告白。それこそがまさに、シャーリーズが求めている関係なのだとか。しかしながら、他の人たちが結婚という形を選ぶのは、(個人の自由なので)尊重すべきだとも話している。


■関連リンク
ブランジェリーナ、スカヨハ、エヴァ...離婚したセレブとその後の恋愛
シャーリーズ・セロン、スカヨハの元夫と交際中!?
オスカー女優のシャーリーズ・セロン、新作でアル中の小説家を熱演

シャーリーズ・セロンがアル中の小説家を演じた『ヤング≒アダルト』予告編


■関連フォトギャラリー

32 PHOTOS
スターのビキニ
See Gallery
シャーリーズ・セロン、「政府や宗教が恋愛の相手を決めるのはおかしい!」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む