エッ、誰ですか? 別人になってしまったセレブのロウ人形

セレブの隠れた登竜門といえば、ロウ人形になること(?)。最近では一見したらどちらが本物(人間)かわからない精巧なものも出てきましたが、その反対もあるようです。

まずはハイジ・クラム姐さま。ええっと...妹さん、いや、豊胸したケイト・ボスワースでしょうか?



お次はベテラン女優のジュリア・ロバーツ。大きな口は似ているかもしれませんが、それ以外は明らかに違うでしょ。



誰が何と言おうと、ジャスティン・ティンバーレイクだそうです。だけど、ジュード・ロウやデヴィッド・ベッカムにも見えませんか?



ちょっとコワいジェニファー・ロペスです。間違ってもビヨンセとか、ジェニファー・ラヴ・ヒューイットに似てるなんて言えない雰囲気で...。



一番ソックリだったのが衣装だったらしい、ジェシカ・アルバたん。まさか、リアリティー番組『ザ・ヒルズ』の整形クイーンこと、ハイディ・モンタグじゃないですよね?



皆さん、オーランド・ブルームですよ! ジョニー・デップのロウ人形を作ったけれど、途中でオーランドのそれを作るはずだったとわかり、急いで修正...(真相は闇の中)。目の色を黒くすれば、もうちょっと似ていたかもしれません。いや、余計にジョニーに似てしまうか。



ニコール・キッドマンのはずだったんですけど、むしろ親友のナオミ・ワッツや『ザ・ヒルズ』『ザ・シティ』のホイットニー・ポートに似ている気がします。



アントニオ・バンデラス様です。この中では比較的似ているほうだと思います。だけど映画『マスク・オブ・ゾロ』の衣装のせいか、あまり"アントニオ"オーラが感じられませんでした。残念!

---
■関連記事
ジェシカ・アルバ、女優を辞めようと思っていた!

■関連フォトギャラリー

10 PHOTOS
マダム・タッソーろう人形館「レディー・ガガ」
See Gallery
エッ、誰ですか? 別人になってしまったセレブのロウ人形
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む