元人気アイドルが激白「マイケル・ジャクソンからコカインをもらっていた」

2009年6月に突然この世を去ってから早2年が過ぎたマイケル・ジャクソン。だが今でもなお、彼を取り巻くニュースが連日報じられている。

今回のニュースを提供したのは、元人気アイドル歌手のアーロン・カーター(23歳)。彼はかつてリンジー・ローハンとヒラリー・ダフを二股にかけ、彼女たちの友情を台無しにした前科のあるハンサム・ボーイだ。ちなみに兄のニック・カーターは、世界中で人気のボーイズ・グループ、バックストリート・ボーイズのメンバーでもある。

アーロンは『OK!』誌とのインタビューの中で、かつてマイケルからドラッグを受け取ったり、彼と共に飲酒をしていたと告白。

「今まで誰にも言ったことはない。今回が初めてさ。僕は...マイケルがいなくてとてもさびしいと思っている。彼とは本当に夢のような時間を過ごしたからね。だけど、彼の行動には困ったこともあった。そう、彼は僕にワインをすすめたんだ。僕は当時15歳だったから、断ることもできたはずなんだけど...」

アーロンはまた、マイケルからコカインを手渡されていたことも明かした。彼はマイケルのこの行動に悩み、ついに母親が警察に通報したという。

今年1月には精神面での問題から、リハビリ施設にも入所したアーロン。ファンはまた以前のように、元気な姿で歌を披露してくれることを願っているだろう。

---
■関連記事
マイケル・ジャクソン、「Thriller」の赤皮ジャケットの金額は1億4,500万円!

■関連フォトギャラリー

7 PHOTOS
リンジー・ローハン刑務所に収監
See Gallery
元人気アイドルが激白「マイケル・ジャクソンからコカインをもらっていた」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む